しかくいおとうふ

資格フェチの私おとうふが、資格取得を目指すさまを主に自分に向けて発信します(キモ)。

「独立」を保留にするにはこれだけの理由がある

どうも、言いたいことも言えないこんな世の中のポイズンおとうふです。

 

独立※について割と真面目にかんがえていたのですが、最近ポッキリ心が折れてしまったのでご報告致します。

※この記事では個人事業主フリーランス等の働き方を総称して「独立」という言葉を使用しています。

 

 

 

土地家屋調査士の勉強に身が入らない

会社の先輩が退職する都合上、私がそのセクションの長になる予定。給料は据え置き。引き継ぎやら何やらで忙しい。大枚はたいて買った土地家屋調査士の教材は今日も積みっぱなし。往復2時間の通勤時間に映像教材見ていたのもサボり気味。そもそも土地家屋調査士取ってそれを柱に独立を考えていたのに、それ取れないんじゃ話になりません。

 

士業で喰っていけないと方々から言われる

不動産業で独立をした方に話を聞く機会があり「新潟で土地家屋調査士一本で喰っていけますか?」と質問したら「コネが無きゃ難しい」との回答。別の機会に司法書士の先生に聞いたときも同じような回答。

面倒な資格試験パスしたって、看板掲げてりゃ儲かる時代は終わっているそうです。特に地方。

 

独立したってストレスはある

独立の諸先輩方から言われたのは、独立したからといって悠々自適というわけでは全くないということ。

会社員ならボンヤリしてたって風邪引いて休んだって給料出るけど、独立したらそういうわけにいかない。自分が働かなければお金が無くなる。

会社員なら請求を1ヶ月忘れたからってどうってこと無いけど、独立したら支払い忘れたら一発アウト。銀行なら金貸してもらえなくなるし、取引先なら信用失う。

精神病むようなパワハラにあっているなら別だけど「ムカつく先輩がいる」「上司が無能」位のイライラから逃げ出す為に独立なんて言うのは割に合わないんじゃないかと思っております。

 

会社よりもクソな組織を目の当たりにする

前のブログ記事で今の会社の文句をブーブータレましたが、別の組織に所属しましたらもっとクソだったということがありました。連絡不行き届き、こちらから質問してもチンプンカンプン、目的意識欠如、私利私欲で動いている感じ満載。

正直、会社とその組織両方に在籍しているから我慢できるけど、会社やめてその組織だけ所属して喰っていかなきゃいけないとなったら、今会社に持っている不満よりも大きな不満を抱えそうと思っちゃったんです。

 

将来設計がたっていない

まだ30代で家も建てていないおじさんおとうふなので、ライフプランがカチッと固まっていないんです。独立の諸先輩の中に「家のローンと子供の教育費が終わっているから何とかなる」という方がいらっしゃいました。その辺が私は全くこれからなので「チャレンジ」か「安定」かを選ぶとなるとおのずと「安定」となってしまうのかな。

 

「家族健康」の為多少の事は目をつむる

人生の目標が「自分と家族の健康維持」というオーガニック豆腐野郎ことおとうふさんですので、会社に飼い殺しでも別に良いわけです。ただ会社が倒産とか整理解雇とかに備えて貯蓄とか資格取得とかは引き続き行っていきます。

 

 

 

というわけで「はてなPROにした途端筆を折る」みたいな状況で大変恐縮です。

もともと熱しやすく冷めやすい着火剤みたいな男ですので、その辺は生暖かい目で見ていただければと思います。

 

それでは。