しかくいおとうふ

資格フェチの私おとうふが、資格取得を目指すさまを主に自分に向けて発信します(キモ)。

マンション管理士合格体験記

どうも、ミスター含み損、おとうふです。

早く損切りを覚えたい今日この頃。

 

株の話?FXの話?って思った方、

 

両方です。

 

そんな話は置いといて、今日はマンション管理士合格までの道のりをお話させていただきたいと思います。

 

まず前提として、私はマンション管理のフロントマンを現時点で10年ちょこっと経験し、管理業務主任者を取得しているためマンション管理適正化法の5問免除を受けて受験に挑む、というところから多分全く知識ゼロの方よりはだいぶ有利な状態のものだということをご理解下さい。

さらに、この試験の受験回数、9回目です。

 

毎年毎年、春も夏も秋もろくすっぽ出かけないで勉強して、出かけると言えばパチンコ屋で、おこづかいすって、不機嫌になったり当たり散らしたりして友達を減らし、それでも遊んでくれる仲間と飲んだり騒いだりして、試験の前にはケータイ壊してゲーム機売っぱらって勉強して、顔面の筋肉をピクピクさせながら新幹線で東京まで試験を受けに行き、2時間拘束されて、うつらうつらと会社と家族のお土産を買い、帰りの新幹線の中で解答速報見ながら自己採点し、深いため息をつきながら「もうパチンコはしない!来年こそは絶対受かってやる!」っていうのを9回やる間に転職を2回行い、彼女が2回できてフラれて、妹が離婚して私が結婚してブログを始めて子供が出来て、人生って大変だなーって悟ったふりしてます。

 

何でこんな独占業務もない独立して食べていけない資格に、青春をかけてしまったのだろう。なんでだろうね。

 

すみませんね、マンション管理士試験って、いつの間にか自分の真ん中の方にあったみたいです。ありがとう、マンション管理士。

 

 

さてさて、駄文はこのくらいにして、どのような勉強方法を取ったのかお話しましょう。

と言っても勉強期間が長すぎるので、ここ2年くらいに絞ってお話しします。

 

勉強は過去問中心です。使った教材は以下の通り。

※データは適宜新しい書籍に変えております。予めご了承ください。

 

 

まずは過去問題集です。

2016年はユーキャンの過去問題集を使いました。テーマ別に過去出題された問題が列挙されているタイプのものです。

 

で、見事不合格。

 

2017年に改めて問題集を買い直して再度受けようと思ったところ、ユーキャンさん2017年版出していないらしく、TACさんのものを購入しました。

 

 

 

あと、iPhoneアプリではユーキャンさんのマンション管理士一問一答を2015年、2016年、2017年と購入。

 

 

 

テキストは住宅新報社のマンション管理の知識を使用。と言ってもこれは毎年仕事用に買い替えているもの。

ちなみにテキストではないですが、国土交通省が発表している「マンション標準管理規約」は印刷したものとiPhoneにPDFデータを持ち歩き、暇な時にコメントと合わせて読んでました。

 

  

それと予想問題集。

 

過去には高い教材を買ったりしましたが、受かるときはこんなもんなのかもしれないですね。

 

 

で、具体的な勉強方法ですが、

 

①とにかく過去問題集を3回解く。わからない問題は、問題と解答を覚える気持ちで読んで×を付ける。それと平行して空き時間とパチンコ中はアプリで過去問を解き、飽きたら標準管理規約を読む。

 

②2016年で解いた過去問題集の正誤を2017年過去問題集に追記する。すると、それぞれの問題について自分の理解度がわかってきます。

○が多い×が多いだけでなく「去年は正解していたのに今年不正解が続いているのは、新しく覚えた知識と勘違いをしているのではないか」とか「正解と不正解が交互に付いているのは、二択までは絞れているけど、正答を選び切れていないのではないか」とか、自分なりに分析してみました。

 

③これを踏まえ、過去問を解き続けます。そして3問連続で正解した問題は除外する、間違いが続くようならテキストと解説を読んで知識を深めて問題に挑む、ということを繰り返すと、最終的には「自分が全く理解していない問題」と「暗記が必要な問題」が残りました。

 

④「自分が全く理解していない問題」についてはばっさり捨てました。具体的には団地と税金。過去受けていたビデオ講習の講師が「1問出るかでないかの問題を掘り下げるより、標準管理規約と区分所有法を完璧にする方が合格に近づく」旨の話をしていたのですが、これは実際その通りだと思いました。

「暗記が必要な問題」について、具体的には設備、建築基準法、都市計画法。数字を覚えるのが苦手なおとうふは、設備の繰り返し出題された部分だけ完璧にして、あとは一夜漬け。試験会場に入るまで、ずーっとテキスト見て数字覚えてるみたいなことをやってました。

 

⑤試験1週間前くらいに予想問題をやってみて、想定合格点にタッチするくらいになってたので最後の追い込みで管理規約読み込みと問題集。

 

 

⑥45問中34点(5問免除)で合格!

 

という感じでした。

 

管理業務主任者や宅建合格者はこんな流れで良いとこ行くのではないでしょうか。

 

どこかのサイトに「マンション管理士は過去問だけでは合格は難しい」みたいなこと書いてましたが、私の見解は結局過去問を解くことが何より重要だと思います。

上位一桁%の人が合格するというシステムであるため「人と違う勉強法みたいなものでライバルを出し抜く必要があるのでは!」と、あんまり受からないときは思っておりました。けれどそんなものはもちろんなく、過去問を繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し解くことで知識と自信をつける。これ以上の必勝法はないと考えます。

 

 

 

こんな感じです。

せっかく取ったマンション管理士ですが、今の会社では名刺のこやし以上に使う予定はございません。

 

何かマンションでお困りのことがございましたら、コメントいただければお答えします。

多分回答の大半が「お宅のマンションの管理規約を見て」「頑張れ」になるとはおもいますが。

 

 

では。