しかくいおとうふ

資格フェチの私おとうふが、資格取得を目指すさまを主に自分に向けて発信します(キモ)。

マンションの喫煙問題は奥が深い

おとうふです。

Yahoo!ニュースでマンションのバルコニーでの喫煙についての記事がありました。

 

バルコニーの喫煙について大きく取り上げてありますが、これは使用細則で「共用部分は喫煙禁止」の文言があればそれほど難しい問題ではないです。私の経験上、この文言は敷地や廊下等を想定して入っていることが多いようです。

 

記事では、

ベランダはエレベーターや階段と同じ「共用部分」だが、各戸の住民が使用権を持つ「専用使用部分」にも当たり、植木鉢を置くなどある程度自由な使い方が認められている。

と記載されてますが「共用部分は喫煙禁止」なマンションであれば共用部分であるバルコニーで喫煙して他の居住者に迷惑かける行為を「専用使用部分だから」許されるわけでもないです。

使用細則に記載がないようでしたら総会に使用細則の改定を上程しましょう。標準管理規約をベースにした管理規約を使っている管理組合さんであれば、普通議決で出席組合員の議決権数の過半数の賛成で改定ができます。

 

と、いうことでバルコニーでの喫煙対策は解決となるのですが、問題はもっと別のところにあります。

 

それはレンジフード下での喫煙です。

 

これは私がマンションフロントマンをしてた時に実際にあったクレームです。

排気口と吸気口がどちらもバルコニー側に付いているらしく、隣の家の排気口から出されたタバコの煙が吸気口を伝って部屋の中に入ってくるというものでした。

 

レンジフードを通って排気された空気が隣のバルコニーの吸気口に入る行為を禁止できるか。専有部分内の行為を禁止することは大変難しいです。この時はタバコを吸われている方に隣の方が大変お困りであるためタバコを控えて欲しい旨を伝えるだけしか出来ませんでした。

 

「隣の人が困るのはバルコニーで喫煙するのと同じだから禁止してあげればいいんじゃない?」という見え方もします。しかし、これがタバコの煙でなく焼肉のニオイだったらどうでしょう。

 

「隣の家の焼肉の排気が気になって鬱になりそうです。助けて下さい」といわれると、なんだかちょっと違うような気がしませんか?

 

いろんなこと言ったってご近所さんと仲悪くなるのはいろいろ問題がありますんで自宅で吸気口にいいフィルターつけるとかそういう方法になるのかな。

 

なかなかいい商品ないんだけどねー。

 

投げっぱなしですいません。本当にお困りの方がいらっしゃいましたらコメント下さい。ちゃんと調べます。

 

宅建試験合格体験記(3年もの)

どうも、苦手なものは人間関係と仕事全般。とかくこの世は住みにくいおとうふです。

 
宅地建物取引士試験まであと2ヶ月、皆様どのようにお過ごしでしょうか。
過去のブログ記事を見返したところ、宅建士に関する合格体験記を下書きのまま放置していたことが判明致しました。
 
というわけで、今年受験する方に向けてなにかヒントになるかもと思いつつ再編集してアップします。ご参考にされていただければ幸甚です。
 
 
合格まで14年
 
まず、このブログでも何度か触れておりますが、私宅建試験は初学から14年かかって合格致しました。今勤めている会社でも2番目の長さです(1番長い人は20年と言っておられました)。個人的には大変苦労しました。毎年受けても受けても受からない。悪い年は20点しかとれていないこともありました。
 
しかし、大手資格サイトでは「宅建試験は法律系国家資格の入門編」のような言われ方を良く目にします。私は「法学部を卒業してなぜ『入門編』と呼ばれる類の資格にすら受からないのか」と悩んだこともありました。
 
自信喪失の私、まさに豆腐のように崩れるほどもろくなっておりました。
 
合格に近づけた言葉その1
 
そんな私を宅建合格に近づけたのは、宅建登録講習の講師(弁護士の方)の言葉でした。
 
「宅建試験は過去問10年分を10回繰り返すと合格できる。問題を覚えるまで過去問を解く
 
宅建試験は重要な論点が毎年繰り返し出題されているので、テキストを読むより数多く過去問をこなすという事が有効であると言われていることは前々から知っておりました。
しかし、私は問題を覚えるほど過去問を解くということの必要性が理解できず、過去問はせいぜい5年分を2周くらいでしかやっておりませんでした。
問題覚えても、文章なんて毎年変わるんだから意味ないだろう。テキストを読み、知識を得てこそ合格に近づくのでは?と考えていたからです。そもそも、過去問を繰り返しやっていれば問題を読んで答えの場所を憶えちゃうから問題を解くという事とは別物になっていくのではと思いました。
 
しかし、今考えれば「問題の文章を憶えるくらい繰り返し解く」ということは決して無意味なことではなかったと思います。なぜならこれは「テキストを憶えるまで読む」とほぼ同様、いやそれ以上の効果があるからです。
 
テキストを読むだけでは「知識」しか得られませんが、問題を憶えるまで解くと正解肢は「知識」となるし、間違いの択は知識の他に「出題傾向」「引っ掛けポイント」等実際に得点に結びつくテクニックも同時に学ぶことができるのではと思います。
 
また、過去問というところも非常に重要です。
世の中には予想問題集という出版社の方が考えた問題集もありますが、私の勉強した限り勉強効率は過去問に劣るのではと思います。値段も特段変わるわけではないのでわざわざ予想問題集を選ぶ必要はないと思います。
 
まあ、講師の方は「…と言ってもなかなか10回も解く時間が無い方もいらっしゃると思うので」という前置きの上で、短縮バージョンもご披露してました。ちなみに私はこの短縮バージョンでやりました。
 
10年分の過去問勉強法短縮バージョン

 

これは「①3回目までは全問解く②4回目から理解した問題を飛ばして解く③繰り返し間違う問題はテキストで復習する④試験前に1回全問解く」というものです。

 

ちなみに私は、宅建を取って以降の試験は全部この方法で勉強してます。

 

単純に10年分の過去問(50問×10年=500問)を10回繰り返すと5000問解くことになります。

 

本試験では50問を2時間で解くことを要求されるので、ただ解くだけで5000問なら200時間で解けることになります。当然勉強するとなれば解説を読んだり、途中で解答がわかっても全部の問題を読む必要があったりしますので、過去問を解くだけで200時間+αの時間が必要となります。

 

こんな時間を確保できる方も少ないと思います。ただ、短縮バージョンなら半分近くまで勉強時間を減らせると思います。

 

また、登録講習を受けて5問免除をもらっている方はさらに勉強時間を減らせます。

 
合格に近づけた言葉その2
 
もう一つ、勉強するのに役に立った言葉があるので紹介させて下さい。
これは、過去に勤めていた会社の元同僚の言葉です。彼は予備校で医療事務等を教えていた経験があり、試験勉強についても色々話をした中でこのようなことを言っていました。
 
「過去問を解くときは四肢択一形式と併せて正誤形式も解いた方がいい
 
前述した通り四肢択一形式だと解答択の番号を覚えてしまうという欠点があります。正誤形式であれば「文章が合ってるか間違っているか」「間違っているならどこか」という判断だけで1問当たり1分かからないくらいで勉強出来るという利点があります。このくらいならスキマ時間に繰り返し繰り返し勉強出来ます。
 
使用したテキスト類
 
上記の通り、私は過去問を解くことに重点を置いて勉強しました。過去問題集を買ったりテキストを買ったりしましたが、今回の勉強で一番役に立ったものはなんといってもこれです!
 
 
480円のアプリです。数万円の宅建教材も買いましたがほとんど手をつけず、ご飯を食べながら、トイレに入りながら、パチンコ打ちながらスキマ時間に過去問をやり続けました。
 
そして自宅では購入した宅建教材の問題集をガシガシに勉強しました。
 
勉強の内容はこのくらいです。要するに過去問に触れるということが全てと言っても過言でないくらい過去問をやりまくっただけです。
 
 
収録問題数は500問超で10年分以上のボリュームがあります。また、問題の形式も四肢択一、正誤問題、虫食い等様々あります。そして自分が解いた記録を残すことが出来ます。そのため、理解した問題を飛ばして勉強することも可能です。
 
会社の人から宅建の勉強法を聞かれたときはこのアプリを必ず勧めてます。私がお勧めする勉強はだいたいこのアプリで出来ます。
 
また、Accelight社の「50日で受かる宅建士」というアプリもおすすめです。私は通勤時間が車で片道1時間超の男ですので、運転しながら少しでも勉強できないかと考えた末、解説の音声データを聴き続けるということに辿り着きました。私はこのアプリの前身の「50日宅建」というアプリを使ってましたが、もし興味があれば無料お試し版もありますので使ってみて下さい。
 
最後に
 
長々とダラダラ文章を書きましたが、私個人の結論はとにかく過去問をやるということに尽きます。
 
皆様のご武運を祈ります。では。
 
 

「独立」を保留にするにはこれだけの理由がある

どうも、言いたいことも言えないこんな世の中のポイズンおとうふです。

 

独立※について割と真面目にかんがえていたのですが、最近ポッキリ心が折れてしまったのでご報告致します。

※この記事では個人事業主フリーランス等の働き方を総称して「独立」という言葉を使用しています。

 

 

 

土地家屋調査士の勉強に身が入らない

会社の先輩が退職する都合上、私がそのセクションの長になる予定。給料は据え置き。引き継ぎやら何やらで忙しい。大枚はたいて買った土地家屋調査士の教材は今日も積みっぱなし。往復2時間の通勤時間に映像教材見ていたのもサボり気味。そもそも土地家屋調査士取ってそれを柱に独立を考えていたのに、それ取れないんじゃ話になりません。

 

士業で喰っていけないと方々から言われる

不動産業で独立をした方に話を聞く機会があり「新潟で土地家屋調査士一本で喰っていけますか?」と質問したら「コネが無きゃ難しい」との回答。別の機会に司法書士の先生に聞いたときも同じような回答。

面倒な資格試験パスしたって、看板掲げてりゃ儲かる時代は終わっているそうです。特に地方。

 

独立したってストレスはある

独立の諸先輩方から言われたのは、独立したからといって悠々自適というわけでは全くないということ。

会社員ならボンヤリしてたって風邪引いて休んだって給料出るけど、独立したらそういうわけにいかない。自分が働かなければお金が無くなる。

会社員なら請求を1ヶ月忘れたからってどうってこと無いけど、独立したら支払い忘れたら一発アウト。銀行なら金貸してもらえなくなるし、取引先なら信用失う。

精神病むようなパワハラにあっているなら別だけど「ムカつく先輩がいる」「上司が無能」位のイライラから逃げ出す為に独立なんて言うのは割に合わないんじゃないかと思っております。

 

会社よりもクソな組織を目の当たりにする

前のブログ記事で今の会社の文句をブーブータレましたが、別の組織に所属しましたらもっとクソだったということがありました。連絡不行き届き、こちらから質問してもチンプンカンプン、目的意識欠如、私利私欲で動いている感じ満載。

正直、会社とその組織両方に在籍しているから我慢できるけど、会社やめてその組織だけ所属して喰っていかなきゃいけないとなったら、今会社に持っている不満よりも大きな不満を抱えそうと思っちゃったんです。

 

将来設計がたっていない

まだ30代で家も建てていないおじさんおとうふなので、ライフプランがカチッと固まっていないんです。独立の諸先輩の中に「家のローンと子供の教育費が終わっているから何とかなる」という方がいらっしゃいました。その辺が私は全くこれからなので「チャレンジ」か「安定」かを選ぶとなるとおのずと「安定」となってしまうのかな。

 

「家族健康」の為多少の事は目をつむる

人生の目標が「自分と家族の健康維持」というオーガニック豆腐野郎ことおとうふさんですので、会社に飼い殺しでも別に良いわけです。ただ会社が倒産とか整理解雇とかに備えて貯蓄とか資格取得とかは引き続き行っていきます。

 

 

 

というわけで「はてなPROにした途端筆を折る」みたいな状況で大変恐縮です。

もともと熱しやすく冷めやすい着火剤みたいな男ですので、その辺は生暖かい目で見ていただければと思います。

 

それでは。